中学英語の勉強法

サイトマップ

▼どんな子もすぐできる!あなたのお子さんも今すぐ自宅で始められます▼

中学英語の勉強法なら!中学英語マスター 1年生



中学英語の勉強法にようこそ!

『中学英語の勉強法』をご覧頂き、有難うございます。

管理人は、某大手の学習塾で、英語の授業を子供たちに教えている現役塾講師です。


長年、学習塾で英語の指導をしている立場から言わせて頂くと・・・
昨今は、学校の授業カリキュラムの変更などで、状況が変わりつつあると感じます。

そのような中で、今、子供たちにどのような変化が起こっているのでしょうか?


英語嫌いになる子供たち・・・

まず、現在は地域や公立私立によっても異なりますが、
小学生でも総合学習の時間に英語授業を取り入れる学校が増えつつあります。

また、現在は、総合学習時間内で行われている学習ですが、文部省は現在、2011年に小学5・6年生の英語必修化に向けて、色々な取り組み行っている最中なのです。

さて、このような状況を受けて、私が塾で担当していている中学生の中にも、 小学校で既に英語授業を受けた子供も、見受けられるようになってきました。


このような状況下で、普通なら・・・
中学英語の成績も良くなる生徒も増えるのではないか?と思われる方が多いでしょう。

ところが、実際は「良く出来る子供」と「全く出来ない子供」の差が両極端になりつつあるのです。


これは、幾つか原因が考えられるのですが、主な原因は下記の二点です。

  • 小学校と中学校の授業内容にギャップがあり、ついていくのが苦痛になった
  • 小学校での授業で、英語の苦手意識を克服できないまま、中学生になった

私の生徒の中にもいるのですが、こうした苦手意識を持った子供の特徴の一つとして、
下記のような口癖をいう子供が多いのが目に付きます。

「なんで、日本人なのに海外の言葉を覚えなきゃならないの?」
「僕は、日本から出ないから、英語なんて学ぶ必要ないよ」

こうなると、子供自身が学ぶ事を拒否しているようなもので、学校の授業も無意味になります。
・・・あなたのお子さんは、大丈夫ですか?

早めの対策が肝心です!


さて、こうした悩みを抱える子供を放置しておくと、遂には全く英語を勉強しなくなり、
学校の授業もチンプンカンプン、高校受験も敢え無く不合格というパターンになりかねません。

ですので、早めに対処法を講じておく事が大事ですし、
子供の為にも、無理なくできる勉強法を教えてあげることが大事だと思います。


こう書くと、何か特別な問題集や教材、参考書などが必要なのでは?と思われるかも知れませんが、 基本は中学の授業で使っている教科書で十分なのです。

基礎を固めていない子供に、応用問題などを解答させるのは無理ですし、 中学生レベルの英語ならば、教科書レベルで十分対応できるのです。


まず、行うべき事は、英語を毛嫌いしたままでは、今後の学習にも差し支えますから、
早めに苦手意識を克服させてあげるような工夫こそ、子供にとって最も必要な事と言えるでしょう。


▼どんな子もすぐできる!あなたのお子さんも今すぐ自宅で始められます▼



中学英語の勉強法なら!中学英語マスター 1年生

中学英語の勉強法なら!

中学英語マスター 1年生

姉妹サイト

塾講師が語る個別指導学習塾の選び方のポイント
小学生・中学生の賢い学習塾選びの方法を解説しています。

オススメ英語教材のスペースアルク・1000時間ヒアリングマラソンについてまとめています。

ヒアリングマラソンの評価と感想

サブコンテンツ